自宅でできる仕事の種類を知りたいです【内向型お悩み相談室】

「内向型を”直さず活かす”人を増やす」をモットーに活動している

内向型コンサルタントの堤ゆかりです。

 

堤ゆかり公式LINEでは、内向型・人間関係・働き方に関するご相談を受け付けています。

今回は「自宅でできる仕事の種類」についてお答えします。

 

今回のご相談

小学校1年生の母親です。

去年の夏からクラウドソーシングでデータ入力の仕事をしています。

 

今の契約は9月末までで、その後は仕事を継続して依頼してもらえるか分かりません。

 

満員電車や決まった時間に通勤するのが苦手で在宅での仕事を選びましたが、将来が不安です。

 

自宅でできる仕事には何があるのかを知りたいです。(Iさん)

 

自宅でできる仕事の種類について、動画でも概要をお話しています。

音声で聞きたい方はこちらからどうぞ!

 

 

 

自宅でできる仕事の種類

自宅でできる仕事の種類はたくさんあります。

そこでまずは、自宅でできる仕事の一例をご紹介します。

 

書く

文章そのものを有料で提供する他、SNSやブログなどを使って無料で発信し商品を紹介して収入を得る方法です。

ライティング

依頼主の要望に応じて、ブログ記事やウェブメディア記事を執筆します。

お仕事マッチングサイト「クラウドワークス」に様々な案件が掲載されています。

ライター未経験でもできる案件もあるので、興味のあるジャンルなど自分が書きやすいテーマの案件を選んでみましょう。

 

文章を仕事にすることに興味がある人におすすめ。最初の一歩として取り組みやすいお仕事です。

 

コンテンツ販売

これまでの経験や知識をまとめた文章や得意なイラストを、コンテンツとして販売します。

noteというサイトを使えば、文章や動画・音声を簡単に有料で販売することができます。

 

また、出版社を介さず個人で電子書籍を出版することもできます。

『もう内向型は組織で働かなくていい』を出版しました!

(私も自分で本を出版しました!)

 

文章を書くのが好きで、専門的知識や伝えたいことがある人におすすめです。

 

アフィリエイト

アフィリエイトとは、成果報酬型の広告業です。

大きく以下の2パターンに分かれます。

  • ブログ内に広告を貼り付けて、読者がクリックしてくれたら報酬が発生する
  • ブログやメルマガなどで商品を紹介し、読者が購入してくれたら報酬が発生する

 

すぐに収入に結びつきにくいビジネスモデルですが、

コツコツ文章を書き続けて自動的に収入が入ってくる仕組みをつくりたいという人に向いています。

 

アフィリエイトを詳しく知りたい方は、相羽みうさんのセミナー動画がおすすめ!

20代でもインターネットで不労所得をつくる方法

 

物を売る

ネットを上手に使って物を販売する仕事です。

不用品販売

自宅にある要らないものをメルカリで販売します。

常に要らないものがあるわけではないので継続収入は難しいですが、数千〜数万円売れることもあります。

  • 昔使っていた子供服
  • 使いかけのコスメ
  • 古本
  • 頂き物で使わない食器

など、意外と色々なものが売れます。

 

タイトルの付け方や値付けなど、ビジネスの基本が学べるのも魅力的。

ネットで物が売れる体験をするにはもってこいの在宅ビジネスです。

 

ハンドメイド

自分でつくったアクセサリーや小物をネットで販売します。

minnne(ミンネ)・Creema(クリーマ)などハンドメイド専門のアプリを使えば、

気軽に自分の商品をネットで売ることができます。

自分の商品を見てもらうために、インスタなどSNSも並行して活用する人も多いです。

 

 

せどり

既製品をネットで仕入れてAmazonなどのサイトで販売します。

自分で一から商品をつくる手間がかからず、不用品販売とは違い継続的に商品を売ることができます。

動画レッスンで詳しく勉強する

売りたいものにこだわりがなく、コツコツ地道な作業を繰り返すのが苦にならない人におすすめです。

 

 

誰かの仕事をサポートする

自分が得意な分野で誰かの仕事をサポートすることで収入を得る方法です。

事務・秘書

事務管理のサポート業を専門に仕事にしているフリーランスの方もいます。

  • SNSなどを使って自分の認知を広げて、自分のサービスに申し込んでもらう
  • ココナラタイムチケットなどのサイトに自分ができることを掲載して応募が来るのを待つ
  • 知り合いのフリーランス・個人事業主に声をかけて、手伝えることがないか聞いてみる

などの方法で仕事を獲得していきます。

 

誰かのサポートをすることにやりがいを感じて、マメで丁寧に仕事ができる人におすすめです。

 

教える・伝える

これまでのご自身の経験や知識を提供して収入を得る方法です。

講師業

これまでの仕事の経験やハマっているものの知識を体系立てて、人に教える仕事です。

  • SNSなどを使って自分の認知を広げて、自分のサービスに申し込んでもらう
  • ココナラタイムチケットストアカなどのサイトに講座を掲載して応募が来るのを待つ
  • 経験と積むために、知り合いで興味がありそうな人に声をかけてみる

などの方法で実践していきます。

 

人と関わる仕事がしたい方や面倒見がいい方におすすめです。

 

例)

  • 営業経験を活かして「売り込まないトーク術」を教える
  • 幼少期からペットを飼った経験を元に、ペットロスと向き合う方法を伝える
  • ハンドメイドのアクセサリーを作るワークショップを開催する

「私には何も教えられることがない」「人に伝えられることはなにもない」と思う方も

たくさんいると思いますが、自分がその価値に気づいていないだけという場合も。

講師業に興味はあるけど自分に何ができるか分からない方は、気軽にご相談ください。

自分に向いてる仕事がしたい人のための内向型講座

 

カウンセリング・コーチング・コンサルティング

人の話を聞き、心のケアやアドバイスをする仕事です。

講師業と同様に、

  • SNSなどを使って自分の認知を広げて、自分のサービスに申し込んでもらう
  • ココナラタイムチケットストアカなどのサイトに講座を掲載して応募が来るのを待つ
  • 経験と積むために、知り合いで興味がありそうな人に声をかけてみる

などの方法で実践していきます。

 

必ずしも専門的な資格は必要ではありません。

話を聞くのが得意な方や1対1のコミュニケーションが好きな方におすすめです。

 

 

自宅でできる仕事で安定収入を得られる種類はあるのか

自宅でできる仕事で安定収入が得られる種類があるかどうか、気になるところですよね。

今回のご相談者の方も「請け負っている仕事が継続されるか分からず将来が不安」と仰っているので、

自宅でできる仕事の中でも、安定的に収入を得られる種類の仕事に就きたい気持ちがあるのかなと思いました。

 

 

正直にお伝えすると、絶対に確実に毎月同じ金額の収入を得たいのであれば、

パートや社員としてどこかにお勤めするのがベストです。

なぜなら、雇用契約を結べば、時間と労力を差し出す代わりにお給料をもらえるからです。

 

一方、個人ベースで仕事をする場合の多くは、収入額は時給換算されません。

成果報酬なので、正しい方法で行動を続けなければ収入にはなりません。

しかも、数年先もずっと収入が保証される仕事なんてありません。

 

どんな仕事をするにせよ

  1. まずは選んだ仕事で結果を出して稼ぐ力をつける
  2. 安定収入を目指す仕組みを作る
  3. 状況や結果に応じて仕事内容や働き方を修正・変更する

の順で段階を踏むことが大切です。

 

逆に言えば、このステップを踏めば、自宅でできる仕事で安定収入を目指すことも可能です。

 

 

自宅でできる仕事で安定収入を目指すために優先順位を決める

在宅で安定収入を目指す第一歩として選択できる仕事はたくさんあります。

仕事に対する条件のうち、譲れないものと妥協できるものを仕分けして、優先順位を決めましょう。

 

ポイント1 緊急度

まずひとつめは、経済的に稼ぐ緊急性が高いかどうか、です。

 

ビジネスモデルによって、収益化までにかかる時間は異なります。

ライティングなど請け負う仕事は、契約して納品までできれば報酬を得られます。

一方、自分オリジナルの商品やサービスを作り提供する仕事は、商品づくりや集客の時間が必要なので、

請け負う仕事に比べると収益化までに時間がかかる傾向にあります。

 

そして当然ですが、請け負うよりも自分の商品を提供するほうが、報酬単価を高くしやすいです。

商品作りや集客の労力がかかる分、自分の裁量で自由に価格設定できるからです。

 

収益化の緊急度と収入の目標金額によって、自分に合う仕事は変わります。

もしすぐにでも収入を得ないといけない状況なのであれば、確実にすぐ収入をつくれる方法を選ぶべきです。

場合によっては、苦手な電車に乗らずに行ける距離のところでパートや短期の仕事をした方がいいかもしれません。

 

 

ポイント2 雇用形態

次に、雇用形態にこだわりがあるのか考えてみましょう。

  • 正社員・派遣・短期・パートなどいずれかの形態で会社に雇ってもらって働く
  • 雇われずフリーランスとして個人で働く

少しでもすぐに安定収入を得たいけどフリーランス的な働き方にも挑戦したいということであれば、

短期やパートでお勤めしながら、合間の時間に在宅でできる副業を始めるのもアリだと思います。

ポイント3 仕事環境

自宅で仕事することが必須条件なのかも大きなポイントです。

自宅でもできる仕事はたくさんありますが、もし自宅以外の場所での仕事も候補に入るのであればさらに選択肢は広がります。

 

ポイント4 自分の性格に合っているかどうか

いくら自宅でできる仕事でも、自分が興味のないものや苦手なことはやりたくないですよね。

自分の強みを活かせること、興味を持って始められそうなものをピックアップしてみましょう。

 

実際には、体験してみて初めて自分に合っているかどうかが分かります。

個人ベースの在宅ワークであれば、気になるものをいくつかお試し感覚で小さく始めてみましょう。

 

例)

  • 試しにクラウドワークスで1件ライティングの仕事を請け負ってみる
  • 要らないものや手作り商品を試しにネットに出品してみる

試してみて、最終的にどれが自分に合っていそうなのか判断することをおすすめします。

 

LINEで内向型に関するご相談を受け付けています

現在、内向型・人見知り・口下手に関するご相談はLINEでのみ受け付けています。

また、イベントや講座など、堤ゆかりの最新情報を最速で受け取れるので、気軽に登録してください♡

友だち追加

 

 

人気NO.1記事

内向型診断テスト【全28問の無料診断で自分の強みもわかる!】

 

内向型を活かす仕事の叶え方3DAYレッスン

ご登録いただいた方全員に「内向型の適職」「自分の強みを知る方法」

2本の動画レッスンを無料でプレゼントします♡

無料で動画を受け取る

 

 

こちらの記事もおすすめです

内向型の強みを解説します
自分に向いてる仕事と興味があるけど大変な仕事、どちらを選ぶべき?【内向型お悩み相談室】
内向型に向いている仕事とは何か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です